避妊薬服用時の違和感とがん予防の副効用

経口避妊薬は、毎日1錠ずつ飲み続けるという手軽な方法で、適切な避妊の効果が出るという医薬品であり、わが国では普及率としてはまだ低いものの、女性がみずから避妊にかかわることができるというメリットが大きいことから、根強い支持をあつめています。この経口避妊薬は、基本的には処方せん医薬品というものにあたりますので、一般的な薬局やドラッグストアの店頭では購入できず、婦人科などの医師のもとを訪れた上で処方してもらう必要があります。
経口避妊薬により避妊ができるのは、錠剤中に含まれている黄体ホルモンと卵胞ホルモンというふたつのホルモンのはたらきによるところが大きいといえます。これらのホルモンが、排卵を抑制したり、子宮内膜が厚くなるのを防いだりするところから、妊娠が成立しないようなからだの状態になるのです。
ただし、経口避妊薬には、いくつかの副作用がありますので、最初はとまどうこともあるかもしれません。特に、経口避妊薬を服用したてのころは、身体的な違和感、たとえば吐き気、頭痛、下腹部痛、胸の張りなどを覚えるものです。こうした違和感は、それほど深刻なものではなく、ホルモンバランスが一時的に変化したことによる必然の結果ですので、飲み慣れれば違和感も消失します。
いっぽう、経口避妊薬には、副作用ならぬ副効用として、ある種のがんに対しての予防効果があることがわかっています。これは女性ホルモンが影響を与える子宮体がんで、このがんにかかるリスクは、経口避妊薬を飲まなかった人よりも、半分近くに減るということが、過去の研究からわかっています。このような副効用というのは、医薬品そのものの目的としての疾病治療や予防の効果ではないものの、副次的にあらわれる同様の効果のことをいいます。