避妊薬を日本でも避妊の主流にする為に

避妊薬の中には、低用量と呼ばれる製品があります。
避妊薬は、黄体ホルモンなど2つのホルモンから構成されています。
およそ50年前から利用されている薬ですが、近年登場した低用量タイプというのは、配合されているホルモンの量を減らし、副作用のリスクを抑えたものです。
避妊薬なので、当然初めにイメージするのが、避妊についての効能です。
飲み忘れたりすることなく、定められた用法用量を守ることにより、身体の機能が抑制されるため、ほぼ確実に避妊することができます。
ただし、性に関する病気を防ぐことはできないので、必ず物理的な対処法も取り入れましょう。
避妊薬は、避妊の他に、女性ならではの機能を順調にする効果があります。
定期的に感じることがある痛みも抑制できるので、日々を快適に過ごすことができるようになります。
そして、肌の調子も整うので、避妊薬によって美肌になることもできます。
このように、避妊薬には避妊以外に様々な効能があります。
とても万能な薬のように見受けられますが、当然リスクも存在します。
最も多く見受けられるのが、避妊薬の服用を開始してから2ヶ月程で、副作用に見舞われるということです。
不正出血や頭痛、吐き気などが生じますが、そのまま飲み続けると症状が起こらなくなります。
また、薬剤は数十年以上服用を続けていても、問題が無いとされています。
従来の避妊薬は、長期的に服用することにより、乳がんに陥る危険性が高まるとされてきましたが、今日においてはそういった心配が無いとされています。
ところが、全くリスクが無いというわけではないので、定期的に検診を受けることはやめないようにしてください。
婦人科で処方されるので、手に入れたい場合は婦人科に訪れましょう。
■想定外の事態に
緊急避妊にはアフターピル
■避妊薬のひとつの低用量ピル
ドロスピレノンの効果について